世界湖沼会議に向けた阿見町民ボランタリーアクション

世界湖沼会議(いばらき霞ヶ浦2018)の開催に向けて、霞ヶ浦湖畔であり霞ヶ浦水源でもある阿見町の私たちにも出来ることはないだろうか?

 

発起人

中島紀一(うら谷津再生の会)

kiichi.nakajima.ag@vc.ibaraki.ac.jp

 

事務局

町民活動センター(マイアミショッピングセンター3階)

029-888-2051

center@ami-cac.org

キックオフ会

参加者:25名

5月20日(日) 2時~4時 中央公民館

世界湖沼会議協賛?の阿見町民ボランティアアクションの推進

 

主な了解事項

① 世界湖沼会議への参加のお誘い

参加料金:1000円/日(茨城県民の場合)

「霞ヶ浦セッション」「分科会」「参加者交流会」「展示会」が予定されている10月18日(木)が1番参加しやすいと思われる

町民のみなさんにこの日の参加をお誘いする

具体的な参加方法はこれから検討

 

② 「スタディーツアー」

会議に参加される海外、国内の皆さんを、阿見町にお招きして「スタディーツアー」を企画する

日 時:10月14日(日)午前9時半~午後3時半

コース:霞ヶ浦湖畔
ふれあいの森(自然観察・昼食)
陸平縄文遺跡

町民バスをお願いする予定

ツアー内容、経費、参加者募集方法はこれから検討の予定

 

③ 「スタディーツアー」の事前町民勉強会

日時:8月26日(日)午前9時~午後4時

お客様をご案内する前に、私たち自身が湖畔の町であり、霞ヶ浦水源の町である阿見町の自然や文化について知っておくことが不可欠

専門家を招いての室内研修、本番のツアーを模しての現地視察を企画

酷暑の時期なので休み休み、みんなで事前勉強する

 

④ 「阿見の身近な自然」ナレーション付きスライドの作成

昨年11月12日に阿見町主催で開催した「阿見町の身近な自然シンポジウム」で使われたスライドにナレーションを付けてCDを作り、希望する方にご利用いただけるようにする

発表者のご協力でパワーポイントのスライドは完成、

ナレーションを付ける段階で止まっていた

茨城大の学生のみなさんのご協力が得らそうなので、完成へと作業を進める

 

⑤ 詳細計画の検討

6月中旬頃に検討会を開催

日程調整にご協力を

 

筧田 聡(Satoshi Kakehida)
1989年 茨城県 阿見町 生まれ。あみ観光ボランティアガイドガイドの会 幹事を務める。いばらき観光マイスターS級, 弓道弐段, びあけん2級。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です